Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

マイナポイントどこが得?(Payへの登録編)

2020年9月1日から2021年3月31日まで。

いよいよマイナポイントのサービスが始まりますね。

もう皆さんは準備されましたか?

最大5,000円分が付与(25%)されるというお得な国の制度ですね。

最近は総務省もたくさんPRされています。

ポイント付与の予算枠2000億円を5000円で割った先着枠は4000万人なんてちょっと焦らされている感はありますが、そこまで焦らなくても良いそうです。

とは言っても、各社様々な囲い込みキャンペーンを実施していますね。

それはマイナンバーカードと紐付け登録できるキャッシュレスサービスが固定だからです。

すでにPayを使う機会も多い私。

どのみちPayを使うので登録しておく方がお得だよね。ということでマイナンバーカードを申請することにしました。

ふるさと納税もするので何かと便利にもなるでしょうし。

ということで今回はPayへの登録編です。

マイナポイント登録はどこが得?

さて、各社マイナポイントの登録先にしてもらいたくさん自社のサービスを利用してもらおうと様々なキャンペーンを打ち出していますね。

Payの普及の時のようにこれはまたまた迷います。

私はPayPayを主にLINEPay、auPAY、楽天Payと4つのPayに登録している現状。

これは還元キャンペーンの恩恵をうけるためでした。

ちなみに今私が主に使っているのはPayPay、auPayがほとんどです。

さて、今回は「マイナポイント登録キャンペーン」が各社展開中です。

以下にざっと展開中のキャンペーンをまとめてみました。

各社独自の登録への上乗せキャンペーン(2020年8月状況)

  1. WAON:最大2,000円分
  2. ゆうちょPay:新規登録された方へ最大2,000円分
  3. メルペイ:最大2,000円分+総額1億円の抽選
  4. Suica:1,000円分
  5. auPay:1,000円分
  6. d払い:500円分
  7. nanaco:500円分+最大5万円分の抽選
  8. FamiPay:500円分(先着10万人)
  9. LINEPay:特典クーポン最大15枚
  10. PayPay:抽選で最大100万円(10人)他総額1億円分

 各社様々な独自の上乗せキャンペーンを打ち出していますね。

登録状況によって後にもっとお得な条件へ変更、追加はあるかもしれません。

結局私はどこにしたのか?

役所へマイナンバーカードを取りに行き、無事に取得できた私。

さていよいよ5,000円付与してもらうための登録です。

f:id:xkzx:20200823093356j:plain

 登録申請の大まかな流れはもしよろしければこちらをご覧ください。

 

www.seedjapan.work

さて、いよいよ登録です。

独自キャンペーンのお得度でかつ、私が今利用しているPayから判断すると、auPayがいいのですが、利用率から言えばPayPayが断トツで一番な私。

なぜ、PayPayは抽選でなく、確実にもらえるキャンペーンを打ち出さないの!!

とちょっと残念に思います。

なぜならPayPayの「抽選 」って私ほとんど当たったことがないんですもの。。。

しかし、今後も使っていくことを想定すると、独自キャンペーンだけのために新たなキャッシュレス決済を増やすのもちょっと・・・

ということで、目先の独自ポイントはおまけ程度と思うことにして、私は一番利用率の高いPayPayで登録することにしました。

マイナポイントを登録する(PayPay)

マイナポイントを登録するためにはまず、「マイナポイントアプリ」をダウンロードする必要があります。

f:id:xkzx:20200823102626j:plain

そしてはじめての方はこちら「マイナポイント の予約」(マイキーIDの発行)を行わなくてはなりませんという申請画面になりますが、

それはせずに、Paypayアプリを開き、マイナポイントをタップ。

f:id:xkzx:20200823104128j:plain

 後は、流れにそって登録するだけです。30秒ほどで終わります。

少しびっくりするのはこの画面

マイナンバーカードの情報を読み取るのですが、写真を撮るとかではなく、図のようにするとなぜか情報が収集されているのです。

きっとICチップが入っていて読み取るのでしょうが、初めてで何だかびっくりです。

f:id:xkzx:20200823104330j:plain

でも何なく(スマホカバーを外した方がスムーズだと思います)読み取りされます。

おしまいです。

f:id:xkzx:20200823110550j:plain

そして再びPayPayアプリを開き、同じくマイナポイントをタップすれば、無事に登録が完了しています。

f:id:xkzx:20200823111654j:plain

後は、9月以降に使えば還元対象になるはずです。

最初わけがわからず、マイナポイントアプリで進めようとしてしまいましたが、ややこしかったです。途中で何だか簡単でないので一度やめてPayPayアプリを開いて見直してよかったです。

マイナポイントアプリはダウンロードしておくだけでよかったのですね。

さて、いよいよ9月以降が楽しみになってきました。

まとめ

今回の還元対象はPayだけではありません。

なのでPayはちょっとと思われる方でもWAONやクレジットカードでも対象事業者であれば連携できます。

これを機会にマイナンバーカードを作ってみるのはいかがでしょうか。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございました。