Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

【自分で増やせる?】お洒落な観葉植物を育てる

葉っぱがハートの形をしていて、くねくねと曲がった幹がお洒落で観葉植物として人気の高いフィカス・ウンベラータ。

部屋のカタログやお洒落なカフェなどにあって飾るとってもお洒落。

いつか我が家にもと憧れませんか?

価格は小さいので五千円、くねくねしたお洒落な物になると2万円代くらいでしょうか。ちゃんと育てられるか心配で大きいのを購入するにはちょっと勇気がいりますよね。

私は昨年の6月くらい、そんな思いの中、欲しいという気持ちが勝り、購入しました。

購入直後の奮闘日記は↓ここです。(なつかしい)

www.seedjapan.work

最初は環境の変化なのか、葉がぽとぽとと落ち、ドキドキしながら育てていました。

もともと熱帯の植物、ちゃんと冬を越すこともできるのかも心配でした。

でも大丈夫。

今では水やりもコツをつかみ、とても元気に育ってくれています。

フィカスウンベラータ

ところが春先になって、あまりに元気すぎてぐんぐんと育ちすぎて新芽がどんどんでてきます。

嬉しいことなのですが、樹形がくずれてしまうのはちょっとそれは困っちゃうなとも思うところ。

そこで時折、選定をしていました。(とは言っても適当に切っていただけ)

最初は切った幹や葉はそのまま捨てていましたが、なんだかかわいそうです。

元気な幹を切るのってなんだか気が進みません。

そこでせめてと、花瓶に挿して、枯れたら捨てようと思って活けていました。

すると、思ったより早いスピードで根が生えてくるんです。

栄養剤も何も与えてません。ただ水が匂わないように時折変えるだけです。

これにはびっくり。

フィカスウンベラータ挿し木

フィカスウンベラータってとても生命力の強い木なんですね。

あっという間にしっかりと根が生えてきたので、もしやこれは私でも挿木で増やせるのでは?と思い立ちました。

そこで園芸屋さんに行って早速買ってきました。

小さなプランターを!!

フィカスウンベラータを植えてみる

そしてあまり深いことを考えずに植えてみました。

うまくいかなくても元々は切った幹ですし・・・

挿し木から増やす

割り箸は根が張るまでの支えのつもりです。

育てるのってなんだか楽しいですね。

いつかは大きくなってお洒落になってくれるのでしょうか。

どうやら幹を曲げるにはそれはそれで別の技術がいるようなので、まずは自然にまかせて大きくしてみようと思います。

ちゃんと根付いてくれるといいなと思います。

 今は写真とは別にもうひと鉢育てているので、もしもお洒落に育ったら誰かにプレゼントしたいなと思います。

ちなみに花言葉は「すこやか」「夫婦愛」風水的には「永久の幸せ」だそうです。

新婚さんや新築祝いにはぴったりかもしれませんね。

新しい楽しみが増えました。

でもどうやらある程度見栄えのある大きさになるには2年とかかかるみたいなので気長にやっていきます。

 

お読み頂き、ありがとうございました。