Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

恋愛もスタバのディカフェのように

今日はスタバでキャラメルマキアートを体験してみました。

もちろんカフェインが苦手な私はベースはディカフェカスタマイズです。今日はこのキャラメルマキアートを飲みながら恋愛相談で盛り上がりました。

スタバキャラメルマキアート(ディカフェ)

スタバのキャラメルマキアートはバニラシロップとスチームミルクにフォームミルクをたっぷりのせ、その上からエスプレッソを注いでアクセント。さらにオリジナルキャラメルソースを最後にトッピングして作られます。

このスタバのキャラメルマキアートがとても人気。

それゆえにカフェマキアート=キャラメルマキアートと誤解されているほどで他店で注文して困惑する方もいるとかいないとか。

私もスタバのキャラメルマキアートが最初のマキアートの体験なので、きっと知らなければずっとこれがマキアートの味なんだと思い込んでいたと思います。

f:id:xkzx:20190709194917j:plain

 初体験のスタバのキャラメルマキアート。

ほろ苦いけどバニラシロップやキャラメルソースが甘く包み込んでくれる。

苦さと甘さのバランスがちょっと甘さよりですが、それがいいですね。

疲れた時にはいいかもしれません。

ただ実はその日、話が盛り上がり、おかわりで2杯目を飲みましたが、私にはショートサイズの1杯で十分満たされる甘さです。

恋もほろ苦くそして甘い

恋愛も同じかもしれない。ほろ苦い部分を甘さが包み込んでくれるのでついついはまっていく。そして苦さを包み込む甘さを、また求めてしまう。

なのにあまりに多くを求めるとその甘さが逆にくどく感じてしまう。

まるでキャラメルマキアートのようだなと思う。

おまけに99%カフェインフリーのディカフェのようだったなら、きっと苦手でも大丈夫だろうな。そして夜、眠れないなんてことがないはず。中毒にならず求めすぎることもなく、リラックスした気分を楽しめるかもしれない。

おまけに味も風味も変わらない魔法のような製法のようだなんて素敵すぎる。

もしそんな恋愛があるならカスタムメニューで注文しちゃうかも。

でもそんなこと考えずに自然に楽しめるのが一番ですよね。

 

 

 本日もお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村