Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

私の定数はプリンアラモードフラペチーノとスタバか!?

f:id:xkzx:20190518192331j:plain

みなさん、zaboonです。

今日もプログラミングの勉強頑張ってます☆*:.

 

前回は変数についてもう一度読み直し。

何度も読み返すうちにだんだんと身についてきている気がします。

 

変数はvariableの略でvar「ヴァー」。

変数は見えない箱。

その箱には数値や文字列を入れることができる。

箱(変数)を使う時は宣言する必要がある(var 変数名 = 初期値)。

だけど外から見えないので注意が必要。

それは名前の付け方。

aaaとかxとかだと後から何をしまっていたか思い出すのに大変。

だから何が入っているかわかりやすい名前にするといい。

名前の付け方にもルールがある。

エラーになる変数名があるが、これは特に覚えておかなくてもXcodeが教えてくれる。

後、名前を複数の単語で構成する場合はラクダのこぶの工夫(CamelCase)、

単語と単語をスペースで区切るのではなく大文字で区切る。

変数が必要なのはよりシンプルにプログラムを書くため。

つまりミニマリストみたいな感じ。必要最低限でプログラムを書くため

※それだけではないらしいが私が今理解している範囲ではそれだけ

そして変数は上書きされる特徴がある。

つまり、上書きされると前の値は箱からなくなる。

これはいいことも悪いこともある。

基本的に常に変えたくない数字も変わってしまう可能性がある。

それによってプログラムに間違いが発生してしまうことも・・・

 

そこで数字を上書き(変更)することができない箱もあるといいよね。

それが「定数」と言うもの。

定数はconstant。

だったら宣言はcon・・・ん!?

違う。「let」!!

なんで!??

私はこう言うことにすんなり受け入れられない。

納得行かないと、しっくりこないと、頭にすんなり入んない。

 

調べてみました。

「let」は英語の単語の「let」からとのこと。

「let」は「仮に〜とする」」と言う意味があるらしくそれで昔のプログラミングの

時代?からそれになったんだそうです。

 

プログラミングを学びにとっての

variableな私の今の定数はスターバックス

そしてハマってるのはプリンアラモードフラペチーノです🍀

 

それではまた。

今日もお読み頂きありがとうございました。

 

私が使っている教科書はこれ⇩

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村