Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

「今」を楽しむ、過去も未来もとりあえず置いとこ。

ブログを始めて、3年。

始める時から自分の飽き性を自覚していたのでどこまで続くかなと思いながら、書いたりやめたりの繰り返し。

気がつけばまた1年経ってはてなブログProの更新の日程が近づいてきました。

節目といえば節目、年会費もかかるしやめようかな・・・

そういつも思いながら今までの投稿を振り返る。

見事にまぁ自分の一貫性と気の多さに可笑しくて笑えてくる。

何かを発信することは好きな方。だけどこれって言うのめりこんでいる趣味を持ち合わせない私はその時の自分の興味に赴くままあれこれ、かれこれ書き綴っている。

まぁそれにしても我ながら一貫性のないブログだこと。

雑記ブログにしていて正解でしたと、それだけは自分の判断が正しかったことにひとりごちる。

 

こうしてパソコンに向かって書き始めると、書くことが好きなので楽しくなる。

そしてついもうブログはやめようかと思っていた気持ちが薄れていく。

そしてまた書き始める。

 

つまり、私は書くことが好き。

でも壁に向かって話し続けるように、相手の心が見えないと急に虚しさを感じてしまう。

かと言って、これと言った趣味がないからのめり込んで交流する勇気もパッションも持ち合わせていないからコミュニティーの輪には入れない。

 

ブログを一つのテーマで書き続けられる人に憧れる。

それができれば格好がいいし、自分の発信することに価値が付加されていくんだろうな。承認されそれが自分への自信へ繋がっていくのだろうな。そう思う。

なんだってそう、「継続できる力」って格好いい。極めるってすごい。

 

ただ私はそのようなコアな継続力は持ち合わせていない。

そんな人間になりたいけど、ずっと何か求めているけど、人間ってそう変われないなと実感する。

だけど、振り返ってみて、そして「今」

自分に満足しているかといえば、自分なりに満足した日々でもある。

それは妥協なのかもしれない。

でもまぁ、いいかと思う。

自分が自分を好きでいてあげなきゃ、他の多くから羨望の眼差しをもらおうと

悲しいし。

 

と言う事で、一貫性なく、いつも尻切れのブログ企画で、なんとも不細工な私のブログですが、やっぱり続けることにしよう。

 

そんな私みたいなブログでもいいんだと思って続けることも大きく見れば「継続力」の進歩だよ。

 

きっとそうやって「今」を楽しんで生きることが何より楽しい。

今までがどうであれ、これからがどうであれ「今」を楽しむには今の感情に素直になって書きたくなったら書き、飽きたら休む。

 

そんなブログですがお読み頂きありがとうございます。

興味のままに書く雑記ですが、よろしくお願いします。