Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

新年からやめようと思った事を書き出してみると・・・

お正月気分も3日まで、新年に向けての抱負という事で、昨日は新年に始めようと思う事について書き出してみました。

今日は対比して考える。

という事で、対比で新年からやめようと思った事について考えてみました。

始めたいと思う事と対比してやめようと思う事を考える事で何か見えてくる新しい道筋はないかなと思ったからです。

それでは今回は2021年新年からやめようと思った事についてです。

f:id:xkzx:20210104132841p:plain

新年からやめようと思う事を書き出してみると・・・

「新年だし、悪習はやめて生活改善をしよう」

これも毎年決まりきったように思う事です。

今回は始めたい事に対比してやめたい事についてもスタバで色々と考えを巡らせてみました。

アウトプットする事で気持ちを整えたいと思います。

1、宝くじの購入

2、毎日のお酒

3、1時間以上のSNSの閲覧

 さて、これはお恥ずかしい悪習をカミングアウトする事になってしまいました。

自分でもダメだよぉと思っていながらも習慣になってしまっている悪い行動です。

さて、自分を戒めることも含め、もう少し思った経緯の詳細を書き出してみたいなと思います。

1 宝くじの購入

こちらは今年、一番やめなくてはいけないことです。

「もしかしたら・・・」のif(イフ)好きの私。

実はビンゴ5を毎週4通りを毎回同じ数字でずっと買い続けていました。

1回も欠かさずにです。(週1回抽選なので毎週日曜日に買っていました)

同じ数字を4通り。

ずっと買い続ければいつか高額当選がくるはず!!

そう思いながらずっと1回から193回まで買い続けたのです。

つまり、200円×4=800円を193回 

TOTAL154,400円もです。

200円の当選は何度もあるので多少は減るでしょうがしかし、バカバカしい浪費です。

やめなきゃと思いつつ、次こそはくるかも、、、とやめられませんでした。

宝くじがどんなギャンブルよりも確率が悪いということは知っておきながら、お恥ずかしいお話です。

「人はお金を失うよりも儲け損なう事にとらわれる」

この言葉を聞いて、やめる決心をしました。

まさに自分だと。

心のどこかで、これだけ同じ数字を買っていればもう、高額当選の1回くらいくるでしょうと思っていましたが、一度も来ませんでした。

いい経験だと思い、今年は宝くじを買う事、やめます!!

でも、200回がキリがいいので200回までは買いますけど。。。(意思が弱い←すべてに通ずる)

2 毎日のお酒

これまた毎日発泡酒ですが、缶ビールを1缶飲むのが習慣になってしまっている。

健康によくないのでやめるのがいいのでしょうけど、それはいきなりできそうもないので休肝日を作る事にします。週に2回は飲まない日をまずは実行しようと思います。

ゆくゆくはコスト的にも飲まないで過ごせたら素敵だなと思いながら。

3 1時間以上のSNSの閲覧

実はこれが一番やめたいなとお正月から感じている事。

好きな記事でも読み進めていくと最後にコメントが目に 入るんですが、あまりにも

批判的、否定的はコメントが目立つんです。

それにどうしても感情が影響される自分がいるなと感じました。

いいなと思って読んでいてもコメントをつい読んでしまい、「え?そうなの?」と思ってしまったり、読まなきゃいいのに、ついつい読み進め、なんかもやもやしている自分がいるんです。

そしてどこかそれに感化され、批判的な思考が自分にも生まれていると感じたからです。

暇だとついついSNSを見ちゃうので、ブログを書いていながらとても矛盾していますが、SNSの閲覧を制限したいなと。

本当か嘘か、かのスティーブジョブズも子供にはアイフォン は見せてなかったと言いますし。

まとめ

今回は3つ今年からやめたい事を考えてみました。

もっとたくさんやめるべき事があるのだと思いますが、あまり書いているとテンションが下がってくるので今回はこの辺でやめておきます。

 結局のところ、夢中になって取り組みたい物が今は見つけられない、相変わらずの趣味のない私だなと思う今日この頃。

でも周りのみなさんからは「過活動」と言われたりもして。

要は自分の中で納得感が出るまで「やり続ける」それが弱いので途中途中投げ出しては舞い戻るを繰り返しているのがいけないんだなと思います。

すなわち「意思が弱い」

という事で意思を強く持つ方法について知りたいなと思いました。

という事で、ぶらぶらとそんな本を探して帰ります。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございました。