Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

なんでもないことを書くときの添付写真を作って見た

ブログを書いていると、何も特に目新しい出来事がない日や、思いつかない日がある。

そんな日が連続すると、ブログを書く期間がだんだんと長くなってしまう。

伝えたいことがないなら無理して書かなくてもいいんじゃない?

そう思う。

反面、私は何かを「継続する」ことが苦手で、そういうところを少しでも直せたならもっとHappyになれちゃう気がする。

だから自分のいつも「あーここまでだった」という限界を超えて行きたいなとも思う。

書くことは嫌いじゃない。

でも、書くことが見つからない。

それはなんでなんだ?と振り返って見た。(たぶん前にも同じことを繰り返している気がする・・・)

そして今回発見した一つの理由。

載せるべき写真がないんだ・・・と思いたつ。

私がブログを書くとき、ただ書き連ねるだけでなく、何か挿絵的なものが欲しいと思ってしまう。

これは結構単純な理由で、自分の書いた日のブログが並んだ時に、写真が欠けるととなんだか寂しい。

たったそれだけの理由。

馬鹿げているといえばそう。

でもそういうのって結構大事だったりするんです。私のモチベーションには。

ということで、

作って見ました。

挿絵的な写真。

f:id:xkzx:20200908212248j:plain

なんだろう。

これだけでなんだか書く力がわいてくる。

ルージュみたいなものかも。

 

なんだか私の新しいブログのスタイルが生まれた感じ。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございました。