Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

もしでなくてさ、私にはそうであった時 Swift プログラミング 勉強 if 文 

f:id:xkzx:20190522141938j:plain

みなさん、こんにちは。Zaboonです。

今日もプログラミングの勉強、頑張ります٩( 'ω' )و

 

さて、今日はプログラミングにとって大事な基本の一つである

「if  文」について勉強します。

このIF文はとてもとても大切そうな雰囲気(予習の流し読みによる)なので

まずは頭にしっかりと甘いもの〜ということで。

チョコレートレイヤーケーキも注文しちゃいました(*≧∀≦*)

 

よし、頑張るぞぉ

この「if 文」

「もし〇〇だったなら△△を行う」ってよく書かれていますよね。

でも私にとってはどうも違和感があるんです。

これはきっと私の固定概念がそうさせているに違いないんだけど、

「もし〇〇だったなら」が

やっぱり前にもブログに書きましたが、過去のイメージが強いんです。

でもプログラミングではその時、つまり「今」の分岐条件だと思うですが、

どうもそう捉えきれない私がいる( T_T)

ってことでなんかいい置き換えがないかなぁと考えていました。

「〇〇であった時には△△をする」とイメージすることにしました。

プログラミングをされている方には

「どっちでもいい!!」

と怒られちゃうかもしれませんが、こういう感覚にこだわってしまう私。

 

ということで、心の準備が整ったところで

もう少しお勉強。

 

if 文は「条件分岐処理」

色々あるけど、今日のところは

「〇〇であった時には△△をする」

よく出てくるワードが

true 真

false 偽

else   じゃぁこっち(こっちの場合)

そして基本的な使い方はifの条件式が真の場合はtrue、間違っている場合はfalse

真の場合は次に書かれている{  }の処理をする。

そうでなければelseの{  }内の処理をする。

var num = 8

if (num > 10 ) {

  print ("値は10以上です")

} else {

   print ("値は10以下です")

}

実行すると

値は10以下です

 

他の主な比較演算子

a == b  aとbが等しい時にはtrue、等しくなければfalse

a > b    aがbより大きい時にはtrue、aとbが等しいもしくはbが大きい時はfalse

a < b    aよりもbが大きい時にはtrueで、aとbが等しいまたはaの方が大きい時はfalse

a >= b  aとbが等しいまたはaがbより大きければtrue、aがbより小さければfalse

a <= b  aとbが等しいまたはaがbより小さければtrue、aがbより大きければfalse

a != b  aとbが等しくなければtrue、等しい場合はfalse

※プログラミングでは =(イコール)の表記は == になるよ。

 

それでは今日はここまで。

なんだか if 文はfor 文よりも奥が深そうだ。

 

また次回もよろしくお願いします。

読んで頂きありがとうございました。

 

私の使用しているおすすめの教科書はこれ

 

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村