Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

出会いのかけら おいしいパスタと読書の時間

今週のお題「本棚の中身」、ちょうど最近知り合いから本を頂いたこともありこのお題に引き寄せられました。

本棚を見ればその人がわかると言う格言があるくらい、

ですからちょっと恥ずかしくてブログに写真をアップするのは控えますが、

今、改めて本棚を眺めてみると、確かに性格や自分の今の仕事へのつながりや価値観が見えるなぁと思います。

 

そんな私ですが情けない話ですが、だんだんと本を読む集中力や気力がなくなってしまったように感じます。

読書に興味がわかない。

すぐに眠たくなってのめり込めない、走り読みしてしまう、そんな感じです。

また本屋さんにはよく立ち寄るものの、

ピンと来ない、その場でざっと目を通して満足してしまう。

本当に昔ほど本を買わなくなってしまいました。

 

夢中で遊んでいたおもちゃ、数が増えるうちにその興味も分散し、思いついたように遊んではまた飽きる。

きっと、あれこれ入ったおもちゃ箱のように私の頭の中も「ごちゃごちゃ」しすぎているからなのだと思う。

飽き性な私ですからなおさらです。

スマホの影響も大きいのかも。

 

そんな中、知り合いから本を何冊か頂きました。

頂く本って面白いですね。

今、自分の視野やアンテナになかったものを与えてくれます。

 

1冊目は「学び方の学び方」と言う本でした。

内容は割愛しますが、一番得たことは

スマホが近くにあるだけで集中力が著しく落ちる。

見えるところに置いているだけでダメ。

実際にスマホから距離をとってみて

「スマホの影響力のすごさ」にびっくりです。

 

そしてもう1冊頂いた本が「ハマトンの知的生活」です。

実はこれ、出版社は違いますが私もすでに持っていたもの。

私の本棚になので今は2冊になりました。

しかし頂いたものですので改めて読み直してみました。

ごちゃごちゃした頭の中で

なおざりにしていた思考について気づかされました。

 

出会いのかけら

この2冊は私が求めていた出口のきっかけをくれました。

頂いた書籍により私の生活のリズムに変化が生まれ、

そしてそれは好転し、水を得たように色んな力が芽生えてきました。

本当に感謝です。

 

引き寄せと言うのかもしれません。

何かがきっかけでシフトチェンジする。

 

と言うことで、今日は本を持ってお出かけです。

おいしいパスタと読書の時間

これが今の私のしたいことになりました。

したいことにワクワクしている自分が嬉しいです。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございました。

私のこのきっかけと同じように、このブログをお読み頂いた方の何かの

出会いのかけらになれば幸いです。