Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

スタバでコーチング 今日もありがとうございます

今日は新しいクライアントとのスタバでのコーチングの日でした。

私の現在のコーチングの活動の拠点はすっかりスタバになりつつあります。

ある意味私のサードプレイスはコーチングオフィスになっています。

そして昨日に続いて訪れたのを覚えてくださっていたスタッフの方から、素敵なメッセージを頂きました。

f:id:xkzx:20200910213919j:plain

こちらこそ、ありがとうございます!!

スタバでのコーチングセッション

今回は新しいクライアントからご依頼を頂き、セッションをさせて頂きました。

正直まだコーチングとしてのパッケージ、フレームはしっかりと構築できていません。

だいぶ、インプット、アウトプットするシートなど定まりつつありますが、まだまだ毎回オリジナルなものの状態です。

返ってそれがいいのかもしれませんが、クライアントからも受けたコーチングのフィードバックを頂きながら試行錯誤しています。

キャリアコンサルタントの経験は多いのですが、コーチングについては現在私もフレームワークを構築中なんです。カットモデルのように私もフレームについていくつかトライアルもさせて頂きながらのセッションになる場面があることを同意頂き、現在のクライアントからは特に報酬は頂いておりません。

そんなことで厳密には全然ビジネスにはなっていませんが、かなり私も勉強と成長をさせて頂いており、また私も今は下積みと事例を増やす時だと考えています。

また事例についてはゆくゆくブログ等で成功事例として紹介させて頂く(もちろん匿名ですが)ことをどなたも了承、応援いただいておりますので、しっかりとモデル化できたらいつかご紹介できればと思います。

今回は相談内容もキャリアに関してなのでキャリアコンサルティング的な手法になりがちですが、コーチングの手法も取り入れながらのセッションです。

 

軸足がまだキャリアコンサルティングになりがちですがいつかシフトチェンジできればいいなと思います。

そんなこんなで、私も一生懸命、そしてクライアントの方も一生懸命の真剣セッションをスタバでしていました。

こんなふうに色んなドラマが今日もあちこちのスタバであるんでしょうね。

 

つながる「今」をもっと楽しく→

 

私のコーチング、いつかもっと多くの方のお役に立てるといいなと思います。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございました。