Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

【修理屋さんに聞きました】家電長期保証は入っておくべき

ボーナス時期など家電などの買い替えを検討されている方に今回は私の体験をお伝えしたいと思います。

少しでも安く買いたいと思われますが、家電製品は頻度が高く、長く使用するものです。お値段と同じくらい気にして欲しいのが修理保証をどうするかです。

買った先から壊れることなんて、と思われるかもしれませんが、結論から申し上げますと、家電量販店がそれぞれ宣伝している5年保証、10年保証、どうせ使わないから無駄でしょではなく、絶対入っておいた方がいいとおすすめします。

その理由について興味のある方はぜひこの続きも読んで下さい。

 家電量販店の長期保証は絶対おすすめ!!

今回のお話は「家電製品の保証について」です。

 家電製品を購入すると、ほとんどの場合「メーカー保証」がついていますよね。

保証期間は製品によってそれぞれ違いますが、冷蔵庫や洗濯機、エアコン、テレビなどなら一年間の保証があると思います。

家電製品の保証というのは、購入してから保証期間内に故障してしまったら、正常に動くように無償で修理する修理保証のことです。

なので新品に交換ではなく、修理するくらいなら「まぁ買い換えるか」なんて考え方の人もいるかもしれませんが、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など高額な家電ならなかなか壊れて買い替えなんてできませんよね。

「そもそもそう簡単に壊れないでしょ!?」

そう思っている方、私の経験から申し上げます結構壊れると思います。

実際に我が家の冷蔵庫も洗濯機も掃除機も5年以内に不具合が出て修理しました。

f:id:xkzx:20191215102708p:plain

5年以内で不具合が起きる可能性がある家電製品

「車はオイル交換や車検を受けることに納得感はありますよね。タイヤもすり減りますし、オイルも悪くなります。身の安全のためにお金はかかるけど整備しなきゃと思いますよね。」

「当然ながら家電も洗濯機、冷蔵庫、エアコンなど毎日使うものほど部品は劣化します。特にモータ系はホコリがたまって熱を持ったり、汚れで動きが悪くなったりすると磨耗したり過負荷と呼ばれる無駄にパワーのかかる状態になりやすく、経年劣化が進むんです。」

そう教えてくれたのは修理にきた家電修理のプロです。

「今はお掃除機能などがついていてこまめに掃除をしてくれるものの、モーターなどがある内部はどうしてもホコリなどが溜まりやすいですし、摩耗によって動きが悪くなるもの。なのでモーター系はやっぱり壊れやすい」

「異音や音が大きくなっていてもそのまま使われる方も多くいらっしゃいますが、動かなくなってからだと他の部品などへの余波も大きく修理ができない場合もあるです」

今回、洗濯機の故障で修理に来てくれた修理屋さん。

2時間の大修理だったので合間に色々教えてくれました。

 

ちなみに今回修理依頼をしたのは「洗濯機」

買って4年9ヶ月、もうすぐで家電量販店の5年保証が切れる間近のことでした。

不具合は水漏れと異音。

それぞれ別の原因でしたがメインのモーターを丸ごと新品に取り替えてくれました。

場合によっては有料になることもあるそうですが、今回はモーターを変えてもタダでした。

タダと言われたら余計に本当はいくらかかるのかなと気になるのが人の心情。

「これ保証がきかないとおいくらに・・・」

とお尋ねすると

「モーターだけで28,000円、後出張費、今回は他の部品何やらで 35,000円くらいですかね」

ちなみに実は今年は冷蔵庫と掃除機も不具合があって修理しているんです。

1、冷蔵庫の製氷機の故障

  →製氷機モーターの故障 有料の場合出張費込みで5,000円くらい

2、ダイソンの充填が2分ともたなくなった。

  →充填バッテリー交換  家電量販店に持ち込みバッテリー交換費用28,000円

3、洗濯機からの水漏れと異音

  →モーターの故障と給水ポンプに亀裂

これ5年以内におきた不具合です。

家電量販店の長期保証に入っていたので全て無償対応でした。

(全ての故障が対象になるわけではないそうです)

 

大体同じ時期に買うためか故障する時期が重なる。

そもそも家電の寿命ってどれくらい?

これも修理屋さんに聞いてみました。

買い替えを検討する時期は?

「ちなみに洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどはいつくらいが買い替え時なんですか?」

と質問してみました。

「洗濯機は7年で修理部品在庫をもたなくなる(メーカーによって違うと思います)ので大体7年より後に壊れた場合は買い替えとどっちがいいかは微妙とのこと」

「エアコンや冷蔵ごは10年くらい。なので冷蔵庫やエアコンは家電量販店の長期保証も10年保証になっている場合が多いですよね」

「へぇ、じゃぁ、長期保証がきれて壊れた場合は買い替えた方がいいの?」

「あくまで参考意見ですが、メーカーが部品を持っている期間も7年くらいですし、それに冷蔵庫やエアコンは10年も経つと消費電力にすごい差が出ているので買い替えた方がお得だと思いますよ」

「確かに、冷蔵庫買い替えた時すごく電気代安くになった!!」

「長期保証って正直、入ってもあまり意味ないんじゃないかなって思ってたけど、今年は色んなものが不具合が起きて何かと無料で直してくれて入っていてよかったなと思う」

「家電量販店の長期保証はお得だと思いますよ。保証がないと2万円くらいは修理費に大体かかってしまうので」

「テレビなどは壊れにくいし、そこまで気になりませんが、洗濯機や冷蔵庫は生活に影響がすごくでますので、何かおかしいなと思ったら早めに連絡して利用してもらえればと思います」

「むりくり使って症状が悪化すると保証外にもなりやすいので」

「なるほど〜。ありがとうございます」

故障修理は今は簡単スピーディー

最近はどこの家電量販店でも、「5年保証」「10年保証」など長期間の保証を宣伝しています。

これらは「延長保証」と呼ばれるもので各家電製品メーカーが保証するものではなく、販売店独自のサービスで保証のものです。

クレジットカードを申し込まなくちゃいけないなどのしばりがあるものもありますが、経験上入っておくのがお得だと思います。

それに今はレシートをなくしてしまっても購入履歴で管理してくれています。 

私の場合はエディオンさんですが、スマホのアプリで保証内容がすぐに確認できますし、そのまま修理依頼も簡単にできます。

 

 ということで

修理は早めに、そして家電量販店の長期保証はぜひ加入がおすすめです。

 

お読み頂きましてありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村