Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

【Tポイントの使い方】ネオモバで株を買う?

皆さんは「ポイ活」していますか?

そして貯まったポイントを有効に使えていますか?

私が主につかって貯めているのは「Tポイント」ですが最近はPayが主流になってきて「Tポイント」の集積が分散しつつあります。

特にPayPayの台頭により「Tポイント」対象店舗にも変化が。

それでもまだまだ強い「Tポイント」。そんなTポイントを最も有効な使い方はないかと最近考えるように。そんな私が今検討中なのがこれ。

f:id:xkzx:20191021230519p:plain

「Tポイント」で買える。少額投資で心わくわく

投資信託はすでにしている私。

これは株式等への投資ですがプロの投資家に運用を任せて行うもの。

月々積立て行う、短期売買というよりも長期運用が向いている投資方法。

少し残念なのが好きな銘柄を自分で購入するのではなく、投資のプロが銘柄を選んで運用。積立ても間接的には株主にはなれるかもしれませんが、自分が株の実質の所有者ではないのであくまで資産運用がメインなのかなという感じです。

 

私としてはできれば、

積立形式で自分が応援する会社の株を買うことはできないの?

最初は1株かもしれないけど、頑張って単元株くらいまで保有してみたい。

という思いでした。

そんな時ネオモバイル証券に今更ながら注目し始めました。

実は前に知っていましたが今ひとつ心に刺さりませんでした。

 

ここ最近、改めて株式投資に興味がわきはじめてきました。

それは短期売買でもなく、差益目的でもなく、自分の好きな会社に投資してみたい。

そういう思考の変化から。

そしてできればちょっとずつ、少額で投資しながらわくわくしたい。

なんというか、一気にというよりちょっとずつ自分の好きな気持ちを確かめるように保有数を増やしていきたい。

小さな愛を育む感じです。(╹◡╹)♡

 

そんな願いの叶うのがどうやらネオモバイル証券。

SBIネオモバイル証券では自身が保有しているTポイントで株の購入が行えます。

そして「1株」単位から株式の購入が可能なことです。

日本株の売買はだいたいが100株単位に統一されています。
そのため株価が例え500円の銘柄だとしても、購入しようとすると、500円×100株=50,000円と、購入総額が数万円単位になってしまいます。

さすがにそんなお金をいきなり準備して投資するのはちょっとなぁ。

しかし、SBIネオモバイル証券では1株から株式の購入が行えるので、普通に単元株で買わなきゃいけない会社も数百円から購入ができちゃったりするわけです。

単元株になるまではなんとなく本当の株主とは言えないかもしれませんが、コツコツと少額で購入できることは大変魅力的です。

なんと言ってもTポイントで貯金感覚で現金化できるのは嬉しい

そして私の最大の注目は「Tポイントで投資が行える点」です。

正直なところTポイントを貯めていましたがいつも使い方がなんだろう無駄遣い的な感覚がありました。

ポイントって貯めるのは楽しいのですが使う時はなんだか気が引けるというか、あー減っちゃう。って感じになる。

でも使わないと下手すると失効してしまいかねません。

できれば使うことでさらに増えればいいのにと思うこともしばしば。

そんな普段何気なく買い物の足しに使っていたTポイントが「投資」に使うことができるのがSBIネオモバイル証券です。

Tポイントを保有しているだけでは、Tポイントが増えることはありませんが、Tポイントを投資に用いれば結果として増える可能性もあります。
間接的に現金化できますしいいなぁと思いました。

SBIネオモバイル証券は、月額制のサービス利用料(約定代金が50万円以下であれば月額200円(税抜))はかかりますが、ネオモバのみでしか使えませんが200ポイント毎月もらえるので実質費用はほぼかからない。

 

そんなこんなで、今始めようかとっても迷いに迷っているのです。

ここまできて何に迷うのか。

・今は口座開設キャンペーンがなく、ちょっとでも得したい性分なので開設が今なのか?という迷い。

・すでに証券会社の口座をいくつか持っていてあれこれ増えるのもなんだかいいのかな?という思い。

・たいがいこうして私が投資に興味を持つ時が市場の最高値で景気の局面からも今更投資ですか?という思い。

 

ということで今日はまだ申し込みできずに1日を終えたのでした。

この続きはまた報告しますね。

 

本日もお読み頂きましてありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村