Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

振り返れば「今」がある。ブログを始めたのも「計画された偶然性」

7月になりました。

ブログを初めて2ヶ月が経ちました。つたない記事ですが、こうして休まず書くことができたのも読者の皆様のおかげです。いつも本当にありがとうございます。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆今月も継続できればと思います。応援のほどよろしくお願いします。

さて、今日は6月の記事を振り返って見たいなと思います。

これが私の6月の記事記録です。

f:id:xkzx:20190701202541p:plain

最初はミニマリストを目指してシンプルライフについて書いていこうと思っていましたが、振り返ると「スターバックス」関連の記事が大部分を占めています。

そしてブログを書くことでたくさんの発見や体験もすることができました。

コーヒーが飲めない私がついにコーヒーが飲めるように!?

この記事はこちら⇩

 そしてDECAF(ディカフェ)を知った私がますますスタバにハマって行くのです。

 さらになんと念願のラテアートまで描いてもらっちゃうなんて(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ブログをやってよかった〜

やらなければきっとこんな体験には行き着いていなかったと思います。

いつもと同じ生活のサイクルにちょっと変化を求めることで少しづつ行動が変わって行く。振り返れば新しく体験したことが私をまた新しくしてくれているように思います。

コーヒーが飲めなくてもスタバにだんだん詳しくなっている私(╹◡╹)♡

 

そして今月はとっても大きなトラブルに見舞われた月でもありました。

まだその影響を引きずっていますが、振り返ると面白い体験でした。

その記事はこちら⇩

 最初は何かを誰かに伝えれればなんて思っていたけど、逆でした。ブログをすることで自分の「今」を見つける機会が増えました

日記だと自分への甘さからついつい手を抜いちゃうけど、誰かに読んで頂いていると思うとしっかりと書くことができる。

結果こうして自分で読み返す時も深く思い出すことができます。

振り返ることで「今」にフォーカスすることもできる。

キャリアの言葉の一つに「プランドハプンスタス」というものがあります。

計画された偶然性というこの言葉。

個人のキャリアの8割が予期しない偶然の出来事によって形成される。

偶然の出来事はただ待つのではなく、意図的に、そして積極的に行動したり、自分の身の回りに起きていることに心を傾けることで機会が訪れるというものです。

素敵な言葉だと思いませんか?

私はこの計画された偶然性という言葉が大好きです。(๑>◡<๑)

 本日もお読みいただきましてありがとうございました。

今月もいっぱい書いていきたいと思いますので応援のほどよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村