Write a diary at Starbucks

コーヒーが苦手だけどスターバックスが大好、Macを前につれづれなるままに心にうつりゆくよしなしことをかき綴るブログ

まだ5月なのに〜暑くて起きたぁ。ってことで朝からお勉強 「配列」

f:id:xkzx:20190525051734j:plain

みなさん、Zaboonです。

暑くないですか?まだ5月だというのに、かけ布団も変えなきゃ。。(>_<)・°°・。

ってことで朝早くにお目覚め、なんとなく2度寝できなかったので起きちゃいました。

気分転換にお庭(と言っても極小お庭)のピエールドロンサールをパシャり。

これくらいの咲き加減?が一番きれいで好きです。

 

さてさて、朝活です。プログラミングの勉強です_φ( ̄ー ̄ )

今日は「配列」について。

えーっと、

配列(array)は複数のデータをまとめて管理する機能。

今までの学習では変数や定数に対して1つのデータしか格納できなかった。

配列を使うとたくさんのデータを格納可能。

これは今後プログラミングをしていく上で大事(なんか大事なことばかり\(//∇//)\)

まぁ、とにかくこれも大事なんですと、教科書は書いております。

 

配列は変数や定数の一種。

まず、変数を宣言する際に、一つだけ格納するのか、複数格納できる配列にするのかを決定します。

var <配列名> = [<値1>,<値2>, ・・・]

カンマで区切ると任意の数OK

var todos = ["朝食を作る","洗濯をする","掃除をする"]

配列に格納されているデータのことを要素という。上の場合は、朝食を作る、洗濯をする、掃除をするが要素。

ちなみにvarでなく、letを指定しちゃうと後で変更したり、追加や削除がしたりできない。(それはそれで使うこともある)

要素を取り出す

要素を取り出すときは添字(index)を使うよ。

配列には順番に自動的に0から始まる添字がついている。

普通は1から始まる感じなんですが、コンピュータの世界では0始まり??

print ( todos [0] )

とすると「朝食を作る」を取り出して表示する。

添字に変数を使うこともできるよ。(実際にXcodeでやってみると)

var index = 2

var todos = ["朝食を作る","洗濯をする","掃除をする"]

print(todos[index])

掃除をするが表示されました。

変更する時

データを変更する時は

配列名に添字、データで書き換えします。

todos[0] = "お風呂を洗う"

朝食を作るがお風呂を洗うに変更されます。

追加する時

todos . append("お出かけの準備をする")  →配列の最後の要素に追加される

削除する時

todos . remove (at : 1)     →配列の2番目が削除される

配列はfor文の繰り返し処理の範囲として利用できます。

これが最大のメリットなんだそうですが、私はまだ実感できてません。

で、演習をやってみたら、ちょっとわかった気がする。

var total = 0

let scoreArray = [95,70,80]

for score in scoreArray {

    total = total + score

}

print(total)

 

ということで今日のお勉強はここまでです。

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村